先輩の一言(高校編)

中学生の頃に森田健作さんが青春ドラマで演じた剣道男子に憧れていました。タイミングよく中学の終わりの頃にボランティアで地元の警察官の方が教えてくれるというので剣道を始めました。

その流れで高校では剣道部に入部しました。中学の終わりにちょこっとやっていただけだったので小さい頃から町道場に通い中学の大会で活躍していた面々には追いつけずに補欠で終わりました。大学に入学したときにはラグビーに夢中になり親に買ってもらった剣道の防具は寮に持参したのですが質屋さんに預けて流してしまいました。

高校時代の剣道部にはほろにがくてネガティブな思い出しかないのですが、一つ上の先輩がよく言っていた ”苦しいときこそメチャクチャ頑張れ” というフレーズはすごくポジティブなそして  priceless なちょっといいモノなのです。

七転八倒して未だに起き上がれず、だけどちょっぴりそのことを楽しんでる、自分の原点がそこにあるんでしょうねぇ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です