パクチー麺と大餃子

月に数回ですが、市ヶ谷界隈でお昼をだいぶ過ぎた中途半端な時間にポッカリと空白のひとときが訪れます。

飲食店はランチが終わりどこもガラガラになりますが、私はこれ幸いとコチラでも何度も紹介している “大餃子” のお店に直行します。

前回食べたパクチー麺のスープのしょぱさとパクチーのエグさのハーモニーがたまらなかったので、今回はパクチー麺を注文しました。

ご覧の通りパクチーテンコ盛りなのです。

混ぜると酸っぱいようなしょっぱいようなスープとパクチーがよく馴染むのです。

そして “トドメの大餃子” とのコンビは最強のものになるのです。麺類を注文するとライスはサービスでついてくるのですがさすがに今回はライスは辞退しましたよ。

 




薔薇餃子

我が家では週末に家族が揃っているときに “餃子会” をしております。

どうですか?豪快でしょう。

ホットプレートで焼いて仕上げに水をかけて蓋をして蒸しますが、水と油が飛び散るのでテーブルには新聞紙を敷き詰めます。家族はみんな餃子大好きでワイワイガヤガヤとテーブルを囲んで100個の餃子を作るのですが、私と愚息が張り合って食べるので毎回ほぼ完食なのです。

このところ週末は、私が終電の1本か2本前の電車で帰宅しているのでこの楽しい “餃子会” は実施できずでした。スマホのアプリでいろんなレシピを動画で閲覧できてお気に入りのレシピをいつでも見れるものがありましてそのなかに “薔薇餃子” があったので家族にはしっかりアピールしてたんですわ。

たまたま今週は土曜も日曜も午後9時頃には帰宅できそうだったので金曜日に家族にはそのように伝えておりました。土曜日に午後9時ちょっと前に帰宅したら少しの餃子の皮と具を残して “餃子会” の準備が整っておりました。

私が “薔薇餃子” 作る分はしっかり残しておいてくれてます。

残っていた餃子の皮は12枚。”薔薇餃子” には4枚の皮を使うのです。

最初に作ったモノは具が多すぎてはみ出しそうになりました。

早速、焼きます焼きます。

できたゾォォォォ~

皮が12枚しかなかったので3個しか作れませんでしたが次回はしっかり作り始めから参加して “薔薇餃子” を増やします。

翌日のわっぱ弁当のおかずの一品にも入れておきましたでぇ








週末のわっぱ弁当

土日の草ラグビーの練習や試合に参加できないので非常に不本意なのですが、このところ週末はお弁当持参でお出かけしております。

先日ちょっといいモノ(漆の曲げわっぱ)を仕込んだので早速 ”週末のわっぱ弁当” をご紹介します。

まず土曜日は冷蔵庫の中のモノをかき集めてみました。野菜の葉っぱをおかずの下に敷いたら弁当箱も汚れないし見た目もきれいなので今回はサラダ菜をミートボールの下に敷きました。レタスやキャベツは常備しておきたいものです。漬物は越後味噌漬け三種(大根・ナス・生姜)で、ご飯にはジャコのふりかけなのです。

そして日曜日はさっぱりと野菜揚げとカニカマとサカナの練り物をおかずにしてみました。ご飯がすすむ君でご飯の上になすと生姜ときゅうりの漬物は外せません。

嫌なことや苦しいことがあっても、その中に何か楽しみを見つければそれを乗り越えることができるかもしれません。若い時はとにかく ”苦しいときこそメチャクチャ頑張れ” でやってきましたが私も少しは学習したようですよね。週末はわっぱ弁当に凝ってみようと思います。

草ラグビーも正に “楽苦備ぃ” だからなぁ。だからぁぁ、赤パンはいてもやろうとしてるんでしょうかねぇ。






中華一品定食

以前紹介したことのある市ヶ谷の中華屋さんの一番のお薦めは大餃子ですが、昨日はココで中華一品定食を食べてきました。

通常メニューの一品をランチタイムに同料金でライスとスープと鶏肉の唐揚げをセットにした定食で全部で8品あります。

かつて家族で土曜日のお昼過ぎの空いているときに押しかけて別々のモノを注文してシェアしたこともありまして、8品全クリしているんですよ。

今回はレバニラ炒めを食べてきました。ボリューム満点で元気モリモリです。

ちょっと変わったモノがいいと言う方にはパクチー麺などいかがでしょうか?

私はこのパクチー麺は、先週行ったときに初めて食べたのですが、サッパリとしたスープにパクチーのエグみが効いていてスープも残さずに食べてしまいましたわ。







葛西の80円ハイボール

魚河岸小僧の頃は飲んでばかりでしたが、最近は毎晩 ”直球勝負” というグッとくるネーミングの缶酎ハイを1本か2本飲んで満足しております。

今回たまたまフリーな月曜日の夕方によく週末にご一緒する面々と葛西近辺で合流しましたので、この界隈で人気のある ”80円ハイボール” のお店に飲みに行きました。

元々は中華料理店だったというお店は広々していて奥には掘りごたつのある座敷もあります。飲み物は目玉の80円ハイボールとその他の酎ハイや生ビールが180円ということで即、80円ハイボールを注文なのです。

おつまみはモツ鍋(2人前)を頼みましたがこのボーリュウムです。後から追加でチャンポン麺等を入れればコレでお腹いっぱいになりますよネ。

そして特製の中松サラダも大盛りですわ。

我が家からでものんびり歩いて30分もかからないので今度は家族で行こうかな。







市ヶ谷の中華料理(おまけ)

ちょっと前に市ヶ谷の2件の餃子のお店を紹介しましたが、2件目のおまけ餃子のお店(安安餃子房)で週替定食の第1週のメニューB のエビチリを食べそこねておりました。今月は月曜スタートで第1週もまるまる6日あったので先週の金曜日に念願のエビチリを食べてきました。

13935129_1250041078363882_1446111386331730712_n

もちろんオプションのプラス100円のおまけ餃子付きなのです。

13938564_1250041281697195_8803362257820280293_n

今回はツレも一緒だったのですが、家で作るとエビの表面が固くなってしまうけどここのはエビがぷりぷりして美味しいと言っておりました。

夕方に雑事がありましたがそれまで暫し暇つぶしに外堀沿いを歩いて飯田橋駅の方へ行ってみました。なかなかオシャレな建物がありましたでぇ。

13906888_1250057855028871_3398173929222443193_n

ついでに近くにある東京大神宮を参拝してきました。コチラは神前結婚式創始の神社ということでまさに恋のパワースポットで境内は9割がたうら若き女性でうめつくされていました。

13882332_1250057871695536_943819949085943758_n

9月は木曜スタートだし10月は土曜スタートなので当分エビチリはお預けになるのかな。




市ヶ谷の中華料理 ②

2軒目のお店の紹介が遅くなってしまいましたね。2軒目のお店(安安餃子房)は1軒目の ”大餃子” のお店の1ブロック先にあります。

o1

コチラは定食にプラス100円で ”おまけ餃子” がついてきます。

o2
o3
o4

定食は週替わりで、酢豚・ニラ玉・レバニラ等々いろいろとあるんです。

うーん。飽きずに餃子ばかり食べてるなぁ~




市ヶ谷の中華料理 ①

このところ平日に市ヶ谷界隈を徘徊しております。地下鉄の靖国神社に近いほうの出口から東郷元帥記念公園に向かう上り坂の道を行くと途中に大餃子とおまけ餃子の中華屋さんが並んでいます。餃子大好きな私は、このところこの2軒のお店に入り浸っているんです。

今回は2回に分けてレポートしますわ。まず手前のお店が大餃子(市ヶ谷・万豚記)。

2

このお店はあちこちにあるんでご存知の方も多いと思います。大餃子定食はドカッと大餃子が6個。これだけで腹一杯ですよね。

1

餃子はもう1品ありまして、やみつき餃子定食のほうは12個なのです。

6

この他にも、中華1品定食(8品ある)も鶏肉の唐揚付きでボリュウム満点なのです。

3

5

そしてラーメン党には、がっつりと肉飯セットなんかどうでしょうか。

niku






新宿の沖縄料理

IT系の資格試験を受けました。

プログラムのコードを読めないのにコードリーディング主体の試験に太刀打ちできませんよね。どうもボールを持ったらとにかく突っ込みまくる草ラグビーのプレースタイルそのままの性分は一向に改善されないですが、まあ焦らずに諦めないであとから結果がやってくるんだと終わったことはスルーして、夕方に試験が終了してから近くの居酒屋でお勉強仲間と合流しました。

yan

合流したお勉強仲間は先月の試験対策の勉強会で知り合ったのですが、同じような業界にいたことやこれから好きなことをもっと貪欲にやっていこうとする方向性が一致して、話も大いに盛り上がりました。

おかげで今回の沖縄料理を紹介する画像も撮り忘れていて、途中でそのことに気付いてあわてて撮った食べかけのおつまみの画像しかありません。その他のおつまみは次回をお楽しみに……。

yan33

 



エリストフの ジンジャー&ライム

以前にも書きましたが、魚河岸小僧のときには出張すればそのご当地で飲み、草ラグビーの練習や試合の後には帰りがけに飲み、おうちにいても友達のお誘いがあれば月島や有楽町や新橋界隈に繰り出してそれは呑んだくれておりました。

最近は随分おとなしくなりまして近所のスーパーで ”直球勝負” という粋なネーミングの缶チューハイを買っておき毎晩1本か2本飲んで満足してます。

今回モラタメのタメすで、ウオッカベースの飲み物24本セットが ”直球勝負” より安く自宅に届くということで申し込みました。

vok

エリストフという ”オオカミの地” といわれるジョージア(旧グルジア)のウオッカ造りを代々受け継いだ貴族がルーツのウオッカがベースということで甘くなく、スッキリした味わいでした。

vok1

”直球勝負” と比べたら、ライトで洗練された感じでしょうかね。

でもやっぱ、私はボールを持ったら突っ込むだけの草ラグビーのプレースタイルそのままに ”直球勝負” のほうがいいなぁ~。