エリストフの ジンジャー&ライム

以前にも書きましたが、魚河岸小僧のときには出張すればそのご当地で飲み、草ラグビーの練習や試合の後には帰りがけに飲み、おうちにいても友達のお誘いがあれば月島や有楽町や新橋界隈に繰り出してそれは呑んだくれておりました。

最近は随分おとなしくなりまして近所のスーパーで ”直球勝負” という粋なネーミングの缶チューハイを買っておき毎晩1本か2本飲んで満足してます。

今回モラタメのタメすで、ウオッカベースの飲み物24本セットが ”直球勝負” より安く自宅に届くということで申し込みました。

vok

エリストフという ”オオカミの地” といわれるジョージア(旧グルジア)のウオッカ造りを代々受け継いだ貴族がルーツのウオッカがベースということで甘くなく、スッキリした味わいでした。

vok1

”直球勝負” と比べたら、ライトで洗練された感じでしょうかね。

でもやっぱ、私はボールを持ったら突っ込むだけの草ラグビーのプレースタイルそのままに ”直球勝負” のほうがいいなぁ~。