イベント・セミナー

ハンズオンセミナーに行ってきた

2018/06/18

まだ認定証が届いておりませんが、何とかHTML5 プロフェッショナル認定試験のレベル2を取得しました。この試験のレベル1を取得したときに欲が出て、何でイコールの右辺の値が上書きされていくんだぁ?、関数?、メソッド?、オブジェクト??といった全くお粗末な状態から JavaScript のお勉強を始めて、このレベル2を取得するまで足掛け3年かかってしまいました。しかしまあ、ここまで来たら前進あるのみ、"ボールを持ったらとにかく突っ込め!" と今後は無謀かつ大胆不敵にも IoT やWEBアプリに首を突っ込んでいこうと思います。

うまい具合に connpass というIT勉強会のサイトで "Web Bluetooth APIでBLEアプリ開発ハンズオン!" というハンズオンセミナーを募集していたので申し込んでおりました。募集人員を超えたら抽選ということで軽い気持ちで声がかかったら行こうと思ってましたが、うまいこと潜りこめたようなので昨晩出かけてきました。

会場は竹芝埠頭の大きなビルのフロアにあるこのセミナーを共催する著名な半導体メーカーのオフイスです。現地に着くとタイミングよく大島航路の客船が入港してきました。

今回は新しいことを始める決意に燃えて高校の同期会の記念グッズの真っ赤な還暦パーカーを着て最前列に着席しました。参加された方は真っ赤なパーカーのヘンなおじさんが最前列でデカイ面してるんで驚いたかもしれませんよね。

セミナーの内容はコチラに詳しく書かれていますが、bluejelly.jsというライブラリを利用することで簡単な HTML のみでBLEデバイスにアクセスしてブラウザ側から色々な操作ができてしまうのです。新しい技術で残念ながらiOSとWindowsはまだ非対応ということです。私はWindowsのノートパソコンしか持っていないのですが、実際にこのノートパソコンでコードを作成し、主催者側で用意してくれたブレッドボードやBLEマイコンのBLE Nano v2や電池そしてスイッチ等を使ってディバイスを組み立てて、Androidの携帯のブラウザから自分で組み立てたこのディバイスにアクセスすることができました。

(うーーん。やっぱ、MacBook は買わないとこれからキツイかなあ・・・)

セミナーの後にピザを食べながらの懇親会がありまして主催者の方や参加者の方と色々なお話もできました。このBLE通信は複雑な動画ファイルや音楽ファイルのやり取りには向かないそうですが、センサーをアメフトの選手のヘルメットに取り付けて脳に衝撃が加わると直ぐに検知したりラグビーの選手の試合の動きのデータを収集して戦術を練ったりと色々と応用が利くそうです。

私は七転八倒&&四苦八苦のテキトーな、なんちゃってWEB屋さんですが、HTML5のお勉強をしていけば、こういった高度なセンサー技術に取り組んでいる方々ともジョイントして、何か作り出すことができるかもしれませんよね。

MacBook買おう。






-イベント・セミナー