魚河岸小僧の想い出

現在はうぇぶ屋として三本立て(HTML5・草ラグビー・ちょっといいモノ)で情報を発信しておりますが、水産の大学を出てから30年近く原料マグロを扱う仕事をしておりまして、後半の10年間はパソコンを始めてインターネットに興味を持っていたので、魚河岸小僧ゲンゲンと名乗りホームページ内に “魚河岸情報局” のいうものを設けてチマチマと情報を発信してました。

勤めていた会社は築地場外の波除さんの斜め向かいの雑居ビルの中にありまして、市場の中で売り買いできる鑑札(セリ帽)があり、見習いの頃はセリで買ったり当時は盛んに岸壁に入港していた冷凍マグロ船の入札で買ったりしていた原料マグロをフォークリフトに積んで市場内を走り回ってたんですよ。

仕事に慣れてきたら冷凍マグロが水揚げされる焼津・清水・用宗・三崎や生マグロが水揚げされる気仙沼・塩釜・房州勝浦・紀州勝浦等の取引先の問屋さんに浜で買い付けてもらったマグロの水揚の立会いをしたりそのマグロの検品したりするためにあちこち出かけていきました。

キハダマグロや黒皮カジキの産地の東南アジアにもシンガポールを拠点にマレーシアやインドネシアの島々に買い付けや検品で出かけていきました。

それから会社の創立30周年の記念にもらった出刃包丁と蛸引き包丁で鮮度のいいサカナが手に入ったら自宅に持ち帰って捌いたりしていました。

マグロのカマが手に入ると必ず刺し身にして残りは塩焼きにしていましたわ。

今となっては懐かしく、pricelessなちょっといい想い出なのです。最近は近所の神社に初詣に行ってますが波除さんにも来年は行ってみようかなぁ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です